年収アップ、経済革命に効果あり

Sponsored Link

人生のやり直しを50歳から始めるための条件

過去の偉人たちから学べる人生成功の哲学

 

日本はバブルが弾けてから数十年が経ち、いまだ経済は良くなる兆しが見られません。

 

一部、大企業や官公庁に勤めている方はその恩恵を受けているのでしょうが、そういった全体からみれば10%程度の方以外の方は、少子高齢化の波を受け、さらに経済のパイが縮小していくなかを格闘しています。

 

しかしながら、世界的に見れば、まだまだ、経済発展は可能でしょうし、人口も増え続けているわけですから、チャンスはいくらでも転がっているわけです。

 

一方で、世界の偉人たちは、どんな不況だろうが結果を残しています。

 

庶民と何が違うのかと言えば、そんなに実は違いはないのです。

 

世界の偉人たちに共通する長所を学んでおけば、人生のやり直しは何歳からでも可能なのです。

 

人生の達人は「希望」を保ち続けることができる達人

 

人生の達人と呼ばれる人ほど、逆境に強いです。

 

これは、どんな成功者でも共通しています。

 

特に、ローマ時代のカエサルは、戦争がどんな厳しい状況になろうとも冗談を飛ばすほど楽観主義でした。

 

この楽観主義は「希望」と言い換えることができます。

 

人生山あり谷ありで、谷がない人は存在しません。

 

どんな人の人生にも、必ず、苦難があるのです。

 

壁にぶち当たった時に「希望」を持ち続けることができるのか。

 

巌窟王と言われたネルソン・マンデラ氏は、数十年の牢獄生活にも耐えられましたが、それは人生に対する「希望」を失わなかったからです。

 

「希望」を保てない人間は、やがて滅びます。

 

これは、逆境に置かれた時ほど、真価が問われるもので、その人が順風満帆のときにはなかなか見えにくいものです。

 

では、どうすれば、どういう逆境に置かれても「希望」を持ち続けることができるのか。

 

50歳で一旗揚げることはなぜ可能になるのか

 

不遇の時代が続いても、人生を50歳から変えた人間はいくらでもいます。

 

不屈の闘志をもち続けることは、並大抵のことではありませんが、自分の人生に正しい哲学を持つことです。

 

そして、自分の中に「メンター」を持つことです。

 

正しい哲学と人生の羅針盤となるメンターを持つこと。

 

これが、人生に「希望」を持ち続けるための条件です。

 

50歳と言えば、定年まであと10年なんて思わないことです。

 

人生80年の時代ですから、30年で事業をなせばよいのです。

 

希望をキープするための「哲学」「メンター」があれば、心は決して折れません。

 

折れかかっても、必ず、不死鳥のごとくよみがえるのです。

 

人生の規範を持つ人、羅針盤を持つ人は強いですね。

 

なぜなら、自分の生き方が決してぶれず、周りの状況に紛動されないからです。

Sponsored Link

人生のやり直しを50歳から始めるための条件関連ページ

締切が迫っても気が乗らない
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
若い頃の苦労
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
人生成功コラム
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
桜の花から学べること
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
若者の就職
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
生きるのが辛いときに勇気のでる言葉
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。
失敗して恥ずかしい思いをして落ち込みがちな貴方へ
どんな状況からでも人生を良い方向へ成功へ導く方法が、実は存在します。年収アップ、人間関係改善などに役立ちます。