今の人生を改善、成功させる

Sponsored Link

失敗について

人生には失敗はつきものです。

 

しかし、何かに挑戦した結果、失敗したときに自分がどうとらえるかが大事です。

 

「経験とは偉大な教師なり」という言葉もあります。

 

過去はどうあれ、前に進むことだけを考えましょう。仮に失敗したと自分で思ったり感じたりしたときも「こんなことでくよくよするなんて自分らしくない」と言い聞かせましょう。

 

たまたまうまく行かなかっただけであって、本来の自分はこんなものではないと。

 

強気でいくことです。とは言っても傲慢になってはいけませんが。心の中では強気で居続けることです。

 

では逆にうまくいったときはどうするのか?

 

「これこそ自分らしい。もっともっとうまくいくぞ」と思っていいのです。

 

ただし、周りにそのまま言うと偉そうに言うなという人も出るかもしれません。心の中でつぶやきましょう。

 

受験に失敗した。就職に失敗した。資産運用に失敗した。

 

長い人生、さまざま波風あるかもしれませんが、途中経過は関係ないです。

 

失敗しても挑戦することをあきらめないことが重要です。

 

目標がかなう、成功するまで挑戦し続けるのです。

 

晩年になって勝ったといえるような生涯であればいいのです。

 

懲りずに自己投資等に励んでいけば、必ず道は開けますから。

 

「過去と他人は変えられない 未来と自分は変えられる」


自分に負けないことが大事

人生波あり、谷あり。

その中でも、自分なりに目標をたて、それに向かい続ける。
一番つらいのは、なかなか結果が出せない時です。

もくもくと作業、勉強を続けていても成果が出ない日々が続くこともあるでしょう。

人生よく勝つか負けるかと言われますが、本当は違います。
勝つか諦めるかの2つなんです。
負けるということは弱い自分の心に負けて、撤退してしまうことなのです。
なので、負けないことが大事なんです。

どんなに失敗が続いても「諦めなければ勝てる」んです。
この点は非常に重要なのですが、結果が出ないとすぐにあきらめてしまうのは
非常にもったいないことなのです。

これは年齢も関係ありません。
かつて、毛利元就は60歳近くになって、中国地方の支配を拡大しました。
そして、70歳近くになってようやく尼子氏を滅ぼし、中国地方を制覇しました。

ひとつのことを持続する意志を持ち続けること
これは、塩野七生氏も、「ローマ人の物語」の中で幾度となく触れている点でもあります。

Sponsored Link