年収アップ、経済革命に効果あり

Sponsored Link

やる気を起こすには

頭ではやらねばならないとわかっているのに、全くやる気が起きない。

 

こんなことありますよね。特に嫌なことにはなかなか取り組めない。

 

掃除、宿題、練習、なんでもいいのですが、頭では分かっているけれど、

 

着手できない。

 

これを解決する方法があります。

 

脳科学の分野では広く知られた話ですが、「やる気の脳」と呼ばれる部位があります。

 

これを刺激すれば、やる気がみなぎってきます。

 

この部位は、「側坐核」(そくざかく)と呼ばれていますが、脳の中心近く、

 

ちょうどおでこと耳の間くらいにあります。2ミリ程度なので小さい。

 

これは刺激するにはどうすればよいか。まさか頭をトンカチでコツンとはできませんね。

 

これは意外と簡単で「とりあえず作業にとりかかる」ということです。

 

やりたくない作業でも勉強でも、とりあえず取り掛かる。すると、作業している情報が

 

側坐核に送られ、自己興奮します(作業興奮という)。

 

家の掃除でもそうですが、ちょっと片づけを始めたらどんどん集中しだして

 

いつの間にか家中きれいになってしまったということ、あるはずです。

 

「やる気がないから、とりあえずやってみる」(逆説的ですが)

 

百万言の理論より、まず実践といったところです。

 

(池谷裕二氏の「海馬−脳は疲れない」に詳しいです)

Sponsored Link