年収アップ、経済革命に効果あり

Sponsored Link

幸福はいったいどこからやってくるのだろうか?

サラリーマンであれば、日々の生活は、仕事に追われているかもしれません。

 

主婦であっても、小さい子供の世話に追われて、日々戦場のような状況な方もいます。

 

年金生活者でも、病気に苦しみ、日々あえぐように生きてらっしゃる方もいるかもしれません。

 

現実の世の中というのは非情なもので、楽しいというよりも、苦しみの方が多いとも言えましょう。

 

毎日の生活に追われていると、生老病死の無常の現象に振り回され、本来、人生をどう送れば幸せになれるのか見失ってしまうことになります。

 

そんな中で、幸福をつかむにはどうしたらよいでしょうか。

 

幸福は意外なところからやってくる

 

幸福には、物質的なもので満たされるもの、例えば、お金、家、車、社会的地位、名誉といったものもありますが、もうひとつ、環境条件によって左右されない幸福もあります。

 

どういうことかと言いますと、自分自身の中に幸福というものはいくらでも作れるのです。

 

分かりやすくいうと、何があっても楽しい、生老病死があっても、それを楽しめる境涯になるということです。

 

幸福とは、最終的には環境で決まるものではなく、自分自身の心にあります。

 

豊かな心は、その人の言葉や表情、人間性としてにじみ出てきます。

 

周りの人のために尽くそうという優しさ、気遣いがあります。

 

幸福は自分自身の中からいくらでも生み出せるものなのです。

 

幸福を生み出す人生を送るには?

 

社会的な地位や経済力で人間の幸福は決まりません。

 

人のために尽くそうという生き方の中に、周りからの信用も生まれ、人生は好転していきます。

 

どんな状況であっても、周囲に感謝できる人間になれるか。

 

正しいメンターの元、正しい生き方を学び、いかに正しい哲学、生き方を実践したか、そのことに尽きます。

 

幸せな人生を送るには、自身の規範となるメンターを持つことが大事です。

Sponsored Link